◆2009年5月15日再審請求に向け、署名活動が始まりました。
こちらから→「再審請求への署名活動」のページへ
カンパをお願いします。
「片岡晴彦さんを支援する会」は再審請求活動のための募金を募っています。
こちら>>カンパのお願い
第3者だからといって証言が信用できるわけではない
無実の片岡さんが収監されて早 日。 日々、高知県警の罪が重なってゆく。
Recommend
あの時、バスは止まっていた  高知「白バイ衝突死」の闇
あの時、バスは止まっていた 高知「白バイ衝突死」の闇 (JUGEMレビュー »)
山下 洋平

とうとう本が発売される(09/11/16発売予定)。白バイはどす黒い「黒バイ」だったのでしょうか。そうしたのは高知県警ではなかったのでしょうか。
Category
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Recent Comment
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Archives
New Entries
Recent Trackback
Profile
mobile
qrcode
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
三月三日だけ停止。再現できるか「動かないABS」。さるでもおかしな証拠
ABS痕ではないだろ1
高知白バイ事故=冤罪事件確定中 これはなんだ?
ABS痕ではないだろ2
高知白バイ事故=冤罪事件確定中 tocp648o02さんのリクエストです

片岡さんが運転していたバスにはABSがついています。ABSがあるので時速10キロメートルでは、ブレーキ痕がつきません。

片岡さん側が行った実験ではなんどやっても、1メートルのブレーキ痕は出来ませんでした。

『2007/10/24 KSBニュース - 高知白バイ衝突死(3) 鑑定人が迫る ブレーキ痕の“嘘”』

どうも裁判では、ABSが動かない事もあると結論したようです。

高知検察審査会の不起訴不当による捜査で、高知地検は再現性のある実証実験をしなくてはならないでしょう。

十回やったら十回ともとは言いません。白バイが絡むと状況少し違うらしいので。(黒岩安光交通部長談)

でもね、十回やったら五回は再現しないと納得いきません。(でないと片岡さん側の実験結果を採用するしかないです。)
机上の理屈だけでは、市民の感覚は理解できませんから。

問題
次の条件で、後輪のブレーキ痕は付けず、前輪には一メートルのブレーキ痕を付けよ!
助走および加速停止状態から3.5メートル走り、時速10キロメートルに達する事
ブレーキ停止位置から3.5メートル地点でブレーキをかけ1.9メートル空走すること


次の回答をお待ちしております。

再現実験の結果、1メートルのブレーキ痕は出来ませんでした。後輪のブレーキ痕が付いてしまいます。結果、証拠写真のブレーキ痕は「あり得ん」とします

posted by: enzaix | ★猿でもおかしな証拠 | 08:48 | comments(6) | trackbacks(0) |-
「水と裁判をコントロール 片多康裁判長の放言」- 「猿でもわかる、おかしな証拠その4」
(参考記事:高知に未来はあるのか? - 液体の飛散状況からもバスは止まっていた?)

一審で、片多康裁判長が結果として嘘をついたので、なんでウソと思うか説明します。
(ちなみにこの片多康裁判長の証言がウソだと、おたまじゃくし痕はただ湧いて消えた事になります)

有名な「おたまじゃくし痕」写真。このスリップ痕先端だけが、黒くなっている。
http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/41039168.html
おたま
右を向いて横たわるおたまじゃくしのようなので、おたまじゃくし痕と言われている。

以降オタマ痕という。

他の写真には写ってないので、片△康氏は「最初は濡れてて後は乾いたんです」なんて、証言したわけ。
http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/36777468.html
 そういやぁ 高知白バイ事故の証人喚問で、弁護士がスリップ痕について現場検証責任者に「おたまじゃくしが消えているのは何故か」と審問した時。

 返答に窮している警官に

 「染み込んでいた水が乾いたんでしょう?

 と、誘導したのがカタタ裁判官

 警官は、「ほっ」と息を吹き返した。
enzaixはこの片多康裁判長の証言はウソと思う。(しかし、これは警官の証言になるのか、裁判長の証言になるのか?)。おたま痕は断じてバイクの冷却水ではない。もちろん、エンジンオイルでもない。(オイルは蒸発しない)。

冷却水とするには、いくつかの物理といったらいいのか、科学といったらいいのか、いや、多分理科で習った事を捨て去らなければならない。しかしオレは理科を捨てる事はできない。(バスの冷却水でない記述もあったがソースを失念した)。

前輪タイヤの位置と、バイクの位置を覚えていただく。タイヤの外形から直径はおよそ1メートル。タイヤ右端からラジエータまでは、およそ1.2メートル

http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/44778108.html
バスタイヤとバイクラジエータの位置
赤い囲みが白バイの冷却水の場所(ラジエータ)。青線はバス車体の形

(A)片多康裁判長の証言

冷却水は、タイヤと地面の接地箇所だけを目指して飛んだ。(しかも左右それぞれ、そこだけに正確に)
ありえない冷却水の飛び方

(B)理科の法則-1

普通な飛び方。沸騰した冷却水は飛び散る。温度も100度以上でしょう。拡散するのが普通ですよね。
普通の冷却水の飛び方

(C)理科の法則-2

冷却水は、タイヤにとどいたとしても広く付くでしょう。
普通のタイヤの濡れ方

振り返ってこの写真。
ここ目がけてね

この写真になるには、冷却水は「(A)片多康裁判長の証言」のシナリオを取るしかない。

白バイの冷却水はバスと絡み合えば「シナリオ」どおり飛ぶのだろうか。

そして、

バイクを撤去した後、警察はバスを移動します。バス前方向かいの駐車場に。

百歩譲って、「理科の法則-2」だとして、やはりこの写真はおかしい。
おたま

濡れたタイヤで前進したなら、赤い辺りが濡れてるはず。


もちろん移動の軌跡には、冷却水の跡が駐車場まで点々と続くはず

26864670.html

オタマ痕並の、濡れた点々はあるだろうか。

Powered by excel & paint

車を持ってて、理科・工作の好きな方にお願い
もうすぐ事故のあった3月3日が来ます。ちょっとお金がかかりますが、この気温、湿度の時期に、バイク用の冷却水を買ってきて、霧吹きやらなんやらで、タイヤに吹きかけてみませんか。特に大型のトラック、バスのかた。

タイヤの真下に、オタマ痕はできるでしょうか?
どのくらいで、乾いて消えるでしょうか?

可能でしたらお願いいたします。できれば高知在住の方。
posted by: enzaix | ★猿でもおかしな証拠 | 00:30 | comments(12) | trackbacks(1) |-
「光速」のスーパーバス タイヤ一回転で時速15Km- 「猿でもわかる、おかしな証拠その3」
バスは止まってたので、ブレーキ痕はつくはず無いんですが・・・。

週刊「現代」1月10日・1月17日新年特大号の記事で改めて、「高知県警、高知県のつじつま合わせ、ヘリクツのストーリー」にあきれた。

  ◎ 警察、検察の言い分。

事故の状況について

1, バスの運転手(以下運転手)はレストラン駐車場より国道進入直前に一旦停止(A地点)をしたが、右方向をちらっと見ただけで反対車線を右折するために、国道に進入した。

2, 6.5m進行したところで、バスの右側面前部が白バイと衝突(B地点)。それと同時に衝撃に驚いた運転手は急ブレーキをかけた。

3, 3m白バイを引きずりバスは、右折車線に停車した(C地点)。

4, 衝突時のバスの速度は、目撃者の証言と現場に残されたスリップ痕より測定すると時速10kmである。(科捜研は15〜16.2km/h)
http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/1219072.html
3.2メートルで時速15km

白バイ隊員の言うバスのスピードは時速5キロメートルから10キロメートル
科捜研のスーパー計算では、時速15キロメートルから16.2キロメートル。
(しかし、なんで、科捜研の計算より、白バイ隊員の目測が採用されるの?片多康くん)

週刊現代では、

ブレーキ痕開始位置から、ブレーキが効き始めるまでの空走距離を問題としていた。たしか衝突位置から空走距離3.3メートルを引くと、そこがブレーキを掛けようとした位置になる。バスが一時停止した場所(A地点)からブレーキ開始地点までは3.2メートル。(だったかな。うろ覚えとなってきている。まずいな)

で、自分で計算してみる。

http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/44778108.html
でかいバス
http://www.news.janjan.jp/living/0809/0809036175/1.php
検察主張の見取り図
「空走距離」
http://www.sei-brake.co.jp/necchuu/brake/brake46.html
空走距離とはブレーキをかけようとした時から実際にブレーキがかかるまでの間(空走時間)にクルマの進む距離です。この空走時間は人間の判断時間、ペダルの踏み換えなどでどうしても生じるものであり通常は0.7秒くらいです。
参考 安全運転技術向上.info - 急ブレーキと停止距離
停止距離

警察・地検の主張
2, 6.5m進行したところで、バスの右側面前部が白バイと衝突(B地点)。それと同時に衝撃に驚いた運転手は急ブレーキをかけた。

3, 3m白バイを引きずりバスは、右折車線に停車した(C地点)。

空走距離と制動距離から近似値グラフ
多項式近似値
白バイ隊員の見たバスの速度は時速10Kmでは、

衝突位置までの距離:6.5メートル。
空走距離:3.2メートル。
制動距離:0.5メートル。(しかし、ブレーキ痕は1.0メートル)
−−−−−−−−−−−
距離合計:10.2メートル。

高知県警の主張は、一時停止場所からバス停止位置まで9.5メートル(6.5m + 3m)だ。
exzaixの計算は、一時停止場所からバス停止位置まで10.2メートル(6.5m + 3.7m)

ちなみにブレーキ痕からの速度算出を、こちらを参考にさせていただきやってみました。
弁護士河原崎弘 - スキッドマークから車の速度を計算する
skid

速度 km / h = √( 2×9.8×摩擦係数 × スキッドマークの長さ ) × 3600 / 1000

√( 2 × 9.8 × 0.7(摩擦係数) × 1m(スキッドマークの長さ) ) × 3600 / 1000

おおよそ、15.937879392。

時速15キロメートルが「世の真実」として。

衝突位置までの距離:6.5メートル。(変わらず)
空走距離:4.5メートル。
制動距離:1.0メートル。
−−−−−−−−−−−
距離合計:12.0メートル。

時速10kmでは、空走距離には顔が立つが、ブレーキ痕の長さには顔が立たない。
時速15kmでは、ブレーキ痕の長さには顔が立つが、空走距離には顔が立たない。

これは一体何を意味するだろう。

ようは、ブレーキ痕は「証拠として成り立たない」ということだ。

でないですか? 黒岩安光交通部長

09/01/10 加筆
posted by: enzaix | ★猿でもおかしな証拠 | 23:59 | comments(7) | trackbacks(0) |-
「バスは『こんにゃく』で出来ている」- 猿でもわかる、おかしな証拠その2
バスは止まってたので、ブレーキ痕はつくはず無いんですが・・・。

警察、検察の主張するバスの前輪のスリップ痕。

http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/41491317.html
半分青

警察側が作成した資料で、バスが「こんにゃく」のように変形した事になっている。

「高知に未来はあるのか?」から引用
http://kochiudon2.blog105.fc2.com/blog-entry-81.html
高知県警回答の嘘を暴く!
こんにゃく

警察はバスの諸元表についてもメーカーに確認を取っているだろうし軸間距離も承知のはず。例えば諸元表でこの型のバス軸間距離はスチールホイールで 190.5cm でしょう?
この図では 190.17cm、ということは誤差はわずか 3.3mmということで、この3mmの誤差はさほど問題にもならないと思うし突っ込みどころではありませんね。逆にステレオカメラや解析は正確であると言えますね。素晴らしい Good job !
・・・・と誉めても何もいただけないでしょうから、これを踏まえて、もうひとつの本題に。。。

で、正確な分析でスリップ痕の外幅は202.76cm、軸間は190.17cmなのでタイヤ幅が算出できます。引き算をすれば左右のタイヤ接地幅の1/2づつが合計された数値すなわち1本のタイヤ幅がでるわけです。諸元表によると9R/19.5-14PR のタイヤの幅は9インチ、すなわち22.86cmということですね。接地幅はそれより少し少なめになりますから約19cm〜20cmってとこでしょうか?

ほらね、さすがは科学的な捜査です。図面上では 12.59mm、 そしてタイヤの諸元表から接地幅は約19cmでピッタリと6cm以上の誤差が・・・・・・あ゛!

どうなってるの?これって事故のバスの痕跡ですか?少なくとも違うでしょう?
バイクが2台でつけた痕跡なら平行でない「ハの字」でも納得だし、どうみても
この接地幅は軽四以下でしょうね。
この「警察作成の資料」によると、進行方向は上向き↑なので。ブレーキ開始場所から停止位置まで上方向に進むと、「かけ始めから停止まで」に左右のタイヤ幅の間隔が拡がるわけです。
バスこんにゃく説
「バスは非常に弾力性に富んでいるため、右からの衝突の力でバス車体が縮み横幅が狭くなり、1メートル進む間に復元し、拡張した」。バスこんにゃく説を唱える警察官もいるらしい・・・・・・。
そんなわけはないですよね。

この「あり得ない証拠」、「おかしな証拠」を、

高知県警、黒岩安光交通部長はいまだに「説明できない」のだそうだ。

高知地裁、片多康裁判官は「おかしいと気が付かなかった」のだそうだ。

高松高裁、柴田秀樹裁判官は審議する必要なしと「却下」だそうだ。

最高裁、津野修裁判長(当時)も一審、二審判決はおかしくないと「却下」だそうだ。

高知県警本部長 平井興宣さん、ストレス溜まるでしょう。

県警職員のみなさま、ストレス溜まるでしょう。

猿よりは優秀な人達のはずだが。高知県警本部長 平井興宣さん、他の職員も迷惑しております。こんな事も説明できず県民、市民をシカトする黒岩さんに、ちゃんと回答するよう指導、よろしくおねがいいたします。
posted by: enzaix | ★猿でもおかしな証拠 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(1) |-
「後から出現、幻の濡れたスリップ痕」- 猿でもわかる、あり得ない証拠その1
バスは止まってたので、ブレーキ痕はつくはず無いんですが・・・。

ブレーキをかけてないのに、ブレーキ痕の写真がある。高知県警が証拠という可笑しな写真群。

この三枚の写真を撮った順番は、(A)、(B)、(C)。
問題は、写真(A)写真(C)に有るブレーキ痕先端部分の水たまり。

写真(A)には水たまりがあるが、写真(B)で蒸発して消える。そして、写真(C)では再度出現する。

●写真(A)
まだ明るい時間です。おたま痕ありますね。
現れ
http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/26864670.html

●写真(B)
日が少し傾いてきました。おたま痕消えましたね。
消え
http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/41491317.html

●写真(C)
日没前後。おたま痕、復活しています。
また現れる
http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/27958709.html


◆ 撮影の順番は? ◆

写真(A)写真(B)が撮影された順番は「片多康裁判長」が結果として証言を補足している。(まいったね、こりゃ)
http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/36777468.html
 そういやぁ 高知白バイ事故の証人喚問で、弁護士がスリップ痕について現場検証責任者に「おたまじゃくしが消えているのは何故か」と審問した時。

 返答に窮している警官

 「染み込んでいた水が乾いたんでしょう?」

 と、誘導したのがカタタ裁判官

 警官は、「ほっ」と息を吹き返した。

写真(C)写真(B)のあとに撮影された事は、影の角度から推測できる太陽の位置で判断できる

写真(A)であった水たまりが写真(B)で消え、写真(C)で再度出現した「猿でもわかるあり得ない」水たまり。

この「あり得ない証拠」、「おかしな証拠」を、

高知県警、黒岩安光交通部長はいまだに「説明できない」のだそうだ。

高知地裁、片多康裁判官は「おかしいと気が付かなかった」のだそうだ。

高松高裁、柴田秀樹裁判官は審議する必要なしと「却下」だそうだ。

最高裁、津野修裁判長(当時)も一審、二審判決はおかしくないと「却下」だそうだ。

猿よりは優秀な人達のはずだが。高知県警本部長 平井興宣さん、こんな事も説明できず県民、市民をシカトする黒岩さんに、ちゃんと回答するよう指導、よろしくおねがいいたします。
posted by: enzaix | ★猿でもおかしな証拠 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |-