◆2009年5月15日再審請求に向け、署名活動が始まりました。
こちらから→「再審請求への署名活動」のページへ
カンパをお願いします。
「片岡晴彦さんを支援する会」は再審請求活動のための募金を募っています。
こちら>>カンパのお願い
第3者だからといって証言が信用できるわけではない
無実の片岡さんが収監されて早 日。 日々、高知県警の罪が重なってゆく。
Recommend
あの時、バスは止まっていた  高知「白バイ衝突死」の闇
あの時、バスは止まっていた 高知「白バイ衝突死」の闇 (JUGEMレビュー »)
山下 洋平

とうとう本が発売される(09/11/16発売予定)。白バイはどす黒い「黒バイ」だったのでしょうか。そうしたのは高知県警ではなかったのでしょうか。
Category
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Recent Comment
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
Archives
New Entries
Recent Trackback
Profile
mobile
qrcode
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
アホ四連発「茨城県警」被害届を勝手に取り下げ…茨城県警の巡査長を書類送検
読売新聞
被害届を勝手に取り下げ…茨城県警の巡査長を書類送検

 茨城県警は5日、傷害事件の被害者の供述調書などを書き換えて、勝手に被害届を取り下げていたとして、当時の笠間署刑事課に所属していた男性巡査長(33)を虚偽有印公文書作成・同行使容疑で水戸地検に書類送検し、戒告の懲戒処分とした。


 発表によると、巡査長は2004年8月28日に笠間市内の民家で50歳代の男性が、父と姉の足や首などを殴り、それぞれ全治7〜10日間のけがを負わせた傷害事件の捜査を担当したが、05年1月9日に同署内で、「被害届を取り下げる」という趣旨の供述調書と捜査報告書を作成した疑い。巡査長は「仕事の負担を軽くしたかった」と容疑を認めているという。

 07年6月に父と姉が同署に家族間のトラブルを相談しに来た際、被害届が取り下げられていることが発覚。同署は08年7月に県警本部に報告し、監察室などで捜査を進めていた。小野善弘首席監察官は「法を守るべき警察官がこのような事案を起こしたのは誠に遺憾。より厳格な業務管理に努めたい」とコメントを発表した。

(2009年6月5日16時54分 読売新聞)
posted by: enzaix | ★猿でもおかしな高知県警 | 00:01 | comments(7) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 00:01 | - | - |-
こんばんは。
あまりにも恥ずかしい事件の連続なので,
ご迷惑になるかも知れませんが,
各記事に一言だけコメントを付けさせて下さい。
まずは,ここから。

8人殺傷の事件の時もロクに対処できない
茨城県警なら当然だなm9( ´,_ゝ`)プッ


|| taka_19682002 | 2009/06/06 1:11 AM ||
こんばんわ。
そういえば眠らされた警官も・・・。
|| taka_19682002さんへ。enzaix | 2009/06/07 12:45 AM ||
私の関係者は茨城県警による冤罪事件で苦しんでおります。総理官邸,各省,法務大臣,おもな放送局,警視庁にメールで訴えたことをこちらにも書き込みさせてください。
私の関係者は,下着を約20枚も盗んだとして逮捕された。しかしすべて自供によるものだけで,裁判でも証拠がないことが証明されている。冤罪のシナリオ通りにコトが進んだのだ。突然早朝任意同行を求められ,水戸署につくなりの逮捕。モノがないのに,逮捕した当日,翌日は車の中にあっただとか,報道には,認めているなどの供述をしたとした。弁護士はその両親がつけるといったのに,こちらでつけると逮捕したシュハンのMは,国選弁護士をつけた。これは刑法に違反している。その後,ようやく告発したが,警視庁検事は,「起訴するかどうかは私が決めます」といいはなった。告発をされた警察官は,告発をした両親,逮捕した人の携帯に連絡をしてきた。脅しか?結局不起訴となったが,検事が理由をいはないため,その検事が今度は告発されている。現在審査会に受理されている。検事が理由を言えない時点で不起訴と認めている。茨城県警は他にも冤罪事件をかかえている。集団的,犯行的,計画的,伝統的に国民に性犯罪を押し付けている。毎日生きていくのがツライ。
|| ゆうちゃん | 2010/05/14 8:58 PM ||
管理者の承認待ちコメントです。
|| - | 2011/04/25 11:13 PM ||
茨城県警による冤罪事件 下着窃盗 のその後。検察審査会で担当の検察官はお咎めなしでしたが,再捜査が決定しました。それを担当した水戸地裁も証拠のないことを認めているものの,検察側が新たに追加した20件もの冤罪を押し付けている。水戸地裁は,かつてからさまざまな冤罪事件に加担しているのではないか。弾劾裁判を実施すべきである。また,担当の松山検察官から,無理やり国選弁護士をつけられたが,弁護士も冤罪に加担している。抗議委員会にかけるべきだ。
|| ゆうちゃん | 2011/10/09 9:00 PM ||
管理者の承認待ちコメントです。
|| - | 2011/11/25 9:28 PM ||
管理者の承認待ちコメントです。
|| - | 2011/11/27 10:01 AM ||









この記事のトラックバックURL
http://enzaix.jugem.jp/trackback/953
トラックバック