◆2009年5月15日再審請求に向け、署名活動が始まりました。
こちらから→「再審請求への署名活動」のページへ
カンパをお願いします。
「片岡晴彦さんを支援する会」は再審請求活動のための募金を募っています。
こちら>>カンパのお願い
第3者だからといって証言が信用できるわけではない
無実の片岡さんが収監されて早 日。 日々、高知県警の罪が重なってゆく。
Recommend
あの時、バスは止まっていた  高知「白バイ衝突死」の闇
あの時、バスは止まっていた 高知「白バイ衝突死」の闇 (JUGEMレビュー »)
山下 洋平

とうとう本が発売される(09/11/16発売予定)。白バイはどす黒い「黒バイ」だったのでしょうか。そうしたのは高知県警ではなかったのでしょうか。
Category
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Recent Comment
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Archives
New Entries
Recent Trackback
Profile
mobile
qrcode
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
再掲:「水と裁判をコントロール 片多康裁判長の放言」- 「猿でもわかる、おかしな証拠その4」
(参考記事:高知に未来はあるのか? - 液体の飛散状況からもバスは止まっていた?)

一審で、片多康裁判長が結果として嘘をついたので、なんでウソと思うか説明します。
(ちなみにこの片多康裁判長の証言がウソだと、おたまじゃくし痕はただ湧いて消えた事になります)

有名な「おたまじゃくし痕」写真。このスリップ痕先端だけが、黒くなっている。
http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/41039168.html
おたま
右を向いて横たわるおたまじゃくしのようなので、おたまじゃくし痕と言われている。

以降オタマ痕という。

他の写真には写ってないので、片△康氏は「最初は濡れてて後は乾いたんです」なんて、証言したわけ。
http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/36777468.html
 そういやぁ 高知白バイ事故の証人喚問で、弁護士がスリップ痕について現場検証責任者に「おたまじゃくしが消えているのは何故か」と審問した時。

 返答に窮している警官に

 「染み込んでいた水が乾いたんでしょう?

 と、誘導したのがカタタ裁判官

 警官は、「ほっ」と息を吹き返した。
enzaixはこの片多康裁判長の証言はウソと思う。(しかし、これは警官の証言になるのか、裁判長の証言になるのか?)。おたま痕は断じてバイクの冷却水ではない。もちろん、エンジンオイルでもない。(オイルは蒸発しない)。

冷却水とするには、いくつかの物理といったらいいのか、科学といったらいいのか、いや、多分理科で習った事を捨て去らなければならない。しかしオレは理科を捨てる事はできない。(バスの冷却水でない記述もあったがソースを失念した)。

前輪タイヤの位置と、バイクの位置を覚えていただく。タイヤの外形から直径はおよそ1メートル。タイヤ右端からラジエータまでは、およそ1.2メートル

http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/44778108.html
バスタイヤとバイクラジエータの位置
赤い囲みが白バイの冷却水の場所(ラジエータ)。青線はバス車体の形

(A)片多康裁判長の証言

冷却水は、タイヤと地面の接地箇所だけを目指して飛んだ。(しかも左右それぞれ、そこだけに正確に)
ありえない冷却水の飛び方

(B)理科の法則-1

普通な飛び方。沸騰した冷却水は飛び散る。温度も100度以上でしょう。拡散するのが普通ですよね。
普通の冷却水の飛び方

(C)理科の法則-2

冷却水は、タイヤにとどいたとしても広く付くでしょう。
普通のタイヤの濡れ方

振り返ってこの写真。
ここ目がけてね

この写真になるには、冷却水は「(A)片多康裁判長の証言」のシナリオを取るしかない。

白バイの冷却水はバスと絡み合えば「シナリオ」どおり飛ぶのだろうか。

そして、

バイクを撤去した後、警察はバスを移動します。バス前方向かいの駐車場に。

百歩譲って、「理科の法則-2」だとして、やはりこの写真はおかしい。
おたま

濡れたタイヤで前進したなら、赤い辺りが濡れてるはず。


もちろん移動の軌跡には、冷却水の跡が駐車場まで点々と続くはず

26864670.html

オタマ痕並の、濡れた点々はあるだろうか。

Powered by excel & paint

車を持ってて、理科・工作の好きな方にお願い
もうすぐ事故のあった3月3日が来ます。ちょっとお金がかかりますが、この気温、湿度の時期に、バイク用の冷却水を買ってきて、霧吹きやらなんやらで、タイヤに吹きかけてみませんか。特に大型のトラック、バスのかた。

タイヤの真下に、オタマ痕はできるでしょうか?
どのくらいで、乾いて消えるでしょうか?

可能でしたらお願いいたします。できれば高知在住の方。
posted by: enzaix | - | 01:00 | comments(2) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 01:00 | - | - |-
警察側はバスが動いていたというのですから、衝突した地点、すなわち白バイのタイヤ痕の延長上あたりから、冷却液とガソリンが、時速10kmぐらいのスピードで、停止地点まで、じょろじょろと漏れ続けたはずです。
それが見られないのですから、バスは止まっていたとの推測が成り立つのですが・・・。
|| esper | 2010/04/03 1:12 PM ||
こんばんわ。

とにもかくにも片多裁判長の考えはわかりません…。
|| esperさんへ。enzaix | 2010/04/04 12:20 AM ||









この記事のトラックバックURL
http://enzaix.jugem.jp/trackback/1824
トラックバック