◆2009年5月15日再審請求に向け、署名活動が始まりました。
こちらから→「再審請求への署名活動」のページへ
カンパをお願いします。
「片岡晴彦さんを支援する会」は再審請求活動のための募金を募っています。
こちら>>カンパのお願い
第3者だからといって証言が信用できるわけではない
無実の片岡さんが収監されて早 日。 日々、高知県警の罪が重なってゆく。
Recommend
あの時、バスは止まっていた  高知「白バイ衝突死」の闇
あの時、バスは止まっていた 高知「白バイ衝突死」の闇 (JUGEMレビュー »)
山下 洋平

とうとう本が発売される(09/11/16発売予定)。白バイはどす黒い「黒バイ」だったのでしょうか。そうしたのは高知県警ではなかったのでしょうか。
Category
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Recent Comment
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Archives
New Entries
Recent Trackback
Profile
mobile
qrcode
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
とことん怪しい「市川隊員」の証言。市川隊員の速度目測は重大なあやまりか。その五。
市川隊員の証言は、衝突後のつじつまに関しても破綻しているのであった。

番外編
kochiudonさんの記事から

高知に未来はあるのか?
摩訶不思議な目撃隊員とバスの関係 2009年07月23日(Thu)
未分類高知白バイとスクールバスの衝突事故。これがもし事故が起きてなかったら・・・・、

事故が起きてなくとも目撃白バイ隊員Aとバスは遭遇しているはずだ。そこで事故がなかったと仮定して衝突白バイを除き、裁判で唯一採用された反対車線を走ってきたとされる白バイ隊員Aの証言とバスの位置関係を考えてみた。

まずバスより120mほど手前で白バイ隊員Aがバスが道路に進入してくるのを見ている。その時のバスの速度は時速10kmと目測。そしてバスが路側帯から6.5m地点で、白バイ隊員Aは80mの距離を走ってきている。

 白バイの速度は時速55kmであり、バスの速度は時速10kmのままとする。

さてそこからが問題である。
バス運転手は左方向ばかりを見ており、6.5m地点でも右は見ていなかったとされているので当然の事ながら目撃白バイ隊員Aの白バイは目に入っているはずである。(*1)

その後、バスが中央線まで到達するには時速10kmのままだと残りは3.5mで1.97秒(約2秒)、白バイ隊員Aは50mまで迫って来ており、3秒ちょっとでバスの所まで来る計算になるので、バスは嫌でも中央線手前で停止をしなければならないことになる。もし停止しなければスクールバスの横っ腹と目撃白バイ隊員Aの白バイとが確実に衝突することになるからである。普通に考えてもこの状況下なら危険を予測できますよね。

・・・
posted by: enzaix | ★猿でもおかしな証拠 | 01:15 | comments(2) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 01:15 | - | - |-
高知白バイ事件 事故現場交差点進入のポイント

進入道路を見てみると右側がカープになっている。その為、右道路から車両が走行していない時点になる時がある。その時が交差点進入のポイントである。
片岡さんの運転していたバスは道路前に停止して交差点進入を、待っていた。その時に女子学生が、バスの中の写真を前後二枚の撮っていることからして、いちべつ、して進入してないのは、明らかだ。
私は、この交差点の右折を実査しているが、右側から来る車両は見えてから約10秒で交差点に来る。
バスが右折地点の停止位置までに約5秒で到達する。
そのため、進入したら、前方と対向車線の車の流れを見ながら運転する。
対抗車線の車も見えてから約10秒で交差点を通過する。
対抗車線の車も見えても交差点進入は、何ら問題ない。右折が危険だと思えば止まればよいだけのことである。
対抗車線の車両が二車線目を譲ってくれれば、停止することもないが、ダラダラと走行され二車線目を譲ってくれなければ、停止しているしかない。
スクールバスも、そのような状態になり停止したものと思われる。約1分間停止していたようであるが、あくまでの感覚の約1分間であり実際は約30秒かも知れない。
ここの道路は走行しやすく、感覚で約60kmで走行していると思っても、メーターを見たら80kmであることは、たびたびである。特に危険を感じたことはない。


見えてから約10秒で交差点に来る・・・など数字を入れているが、実際の運転ではハンドルを握れば直感で危険性等を判断していることはドライバーの方なら判っていただけるものと思う。

動画

http://www.youtube.com/watch?v=env02mRZKKE
|| jbh | 2009/08/22 7:49 PM ||
こんばんわ。

高知県警が嘘をついているか、片岡さんが嘘をついているか。

高知県警がウソを言ってると思いますがねえ。
|| jbhさんへ。enzaix | 2009/08/22 11:15 PM ||









この記事のトラックバックURL
http://enzaix.jugem.jp/trackback/1199
トラックバック