◆2009年5月15日再審請求に向け、署名活動が始まりました。
こちらから→「再審請求への署名活動」のページへ
カンパをお願いします。
「片岡晴彦さんを支援する会」は再審請求活動のための募金を募っています。
こちら>>カンパのお願い
第3者だからといって証言が信用できるわけではない
無実の片岡さんが収監されて早 日。 日々、高知県警の罪が重なってゆく。
Recommend
あの時、バスは止まっていた  高知「白バイ衝突死」の闇
あの時、バスは止まっていた 高知「白バイ衝突死」の闇 (JUGEMレビュー »)
山下 洋平

とうとう本が発売される(09/11/16発売予定)。白バイはどす黒い「黒バイ」だったのでしょうか。そうしたのは高知県警ではなかったのでしょうか。
Category
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Recent Comment
Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Archives
New Entries
Recent Trackback
Profile
mobile
qrcode
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
金で雇われて、「黒を白と言いくるめようとする」弁護団が組織されるわけです。
仙波敏郎さん、裁判を傍聴する。「オリンパス「コンプライアンス報復」事件で証人尋問」4

JANJAN
 記者 相手の弁護士にも、かなり厳しいことを、聞こえよがしに言っていましたね。

 仙波 オリンパスという、社会的には「大企業」と言われる組織の中で、ごく常識的に判断して行動した社員に対し、上司らが寄ってたかっていじめを繰り返しているわけでしょう…。それは、社会的に許されないことです。ところが、金で雇われて、「黒を白と言いくるめようとする」弁護団が組織されるわけです。

 でも、そういう組織のやり方を、ぼくはよくわかっています。アドバイスもできますし、今後とも積極的に発言していくつもりです。法改正は、しばらく時間がかかるにしても、今、組織や権力の下で苦しんでいる人たちを、少しでも励ますことができたら…と思っています。
posted by: enzaix | - | 00:02 | comments(5) | trackbacks(1) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 00:02 | - | - |-
>「黒を白と言いくるめようとする」

大阪の橋下っていう人は、こういうのがお得意だそうです。我が知事なのがうらめしい。
|| ひげおやじ | 2009/07/16 1:28 AM ||
こんばんわ。
すみません。そちら方面は良く分らないですが。
弱者をいじめる悪徳企業を無罪にしてしまった弁護士なのでしょうか?
|| ひげおやじさんへ。enzaix | 2009/07/16 10:33 PM ||
enzaixさんへ

私は当時ほとんどテレビを見ていなかったので、彼の存在を知らなかったのですが、サラ金系の企業の顧問弁護士などで相当に稼いでいたらしいです。「論戦では負けない」と豪語していたということです。

声の大きさと例の派手な言葉の使い方、次から次へと論点をずらしていって議論を収束させないやり方で勝ったのではないですか?多分、ほとんどは民事でしょう。

選挙のときに拾った情報からの判断ですので、ソースをお示しすることはできません。ま、噂話ということで・・・。
|| ひげおやじ | 2009/07/17 1:41 AM ||
高知県警香南署事件は、検察審査会が、審査をすることになりました。

(3)補足説明(追加)
 精神保健福祉法第24条は、警察官が自傷他害がある人を保護した段階で、即、精神保健上のケアを受けさせる目的で、保健所に通報することを義務付けていますが、報告が不存在でした。警察官である香南署員には、精神保健上のケアは不可能ですから、保護した時点で、即、通報する必要がありました。保健所と警察の間は、24時間態勢で通報が可能な状態を確保しているとのことです。朝の6時でも、即、通報することが義務付けられています。

 ところが、香南署員は、手の傷の手当てに、病院(救急医療があるのは野市中央病院)を訪れているにもかかわらず、精神ケアの診療を受けさせてはいません。

 ここには、警察官としての保護業務を怠った業務上過失致死容疑における被疑事実(予見可能性、結果回避可能性、注意義務違反の3点)が存在します。
 
 もし、ガラス戸を断ち割り家宅侵入をしたお家で発見した時点で、保護を開始したのならば、病院での精神保健上の診察並びに、保健所への通報が当然あってしかるべきで、そうでなければ大変不自然な事実経過になります。

 ところが、県警監察課は、高知県損害賠償等審査会(行政課)に対して、24条通報をしているとの虚偽の報告をしていました。住民監査請求では、職員への求償権の発動を提言していましたが、その時点で、県警は、行政管理課の山本に対して、通報をしていると虚を言い、それを信じて、監査委員に対して、この24条通報がなかった事実を指摘することができませんでした。

 この事実経過から、保護を開始したのは、舌を噛み切る行為が始まってからではないかと推察されます。8時34分までの経過に保護処置にあたる精神的ケアや24条通報がないし、特異事案における速報書では、保護の発生場所も保護の開始場所も香南署の住所になっているのですから、逮捕した被疑者を取調中に事故が起こったとの推認が自然だと考えます。

 いずれにせよ、真実が封殺されようとしています。高知県民として、県民の生命を預かる警察官に嘘偽りがあっては安心して暮らせません。真相究明のための検察官による捜査権の発動を促して頂けるよう要望します。
|| 山下 安音 | 2009/07/18 6:17 PM ||
こんばんわ。

全く警察というものは「卑怯者の集まり」なんですかね。
|| 山下安音 さんへ。enzaix | 2009/07/18 11:11 PM ||









この記事のトラックバックURL
http://enzaix.jugem.jp/trackback/1068
トラックバック
2009/07/18 5:12 AM
OLYMPUS デジタルカメラ μ1060 (ミュー) シルバー μ1060 S...
本ナビ!映画ナビ!音楽ナビ!3